企業の価値を最大化する!
”データファースト”のアプローチとは?

企業の価値を最大化する!”データファースト”のアプローチとは?

コロナ禍を契機に、企業を取り囲む環境は大きく変化し、多くのデジタル化を伴う変化が進行しています。

  • 業務環境のデジタル(オンライン)化
  • 業務プロセスのデジタル化
  • 従業員(就業)管理のデジタル化
  • 顧客接点のデジタル化、など。

これにより、企業は従来の事業スタイルや業務形態からの変革が求められています。
多くの企業が、「ワークスタイルの変革」や「変化に強いシステム構築」をはじめとした、様々な領域におけるデジタル化を推進しています。

業務領域におけるデジタル化の推進は、一定の効果につながりますが、全社最適の観点から考えた場合には、データ連携が取りにくく、部分最適化された環境が増えてしまうというリスクもあります。

リスクを排除し、必要なデータを誰もが容易に活用できる未来を目指すためには、データを最優先に考える、データファーストという考え方を根底においてあらゆるデジタル化のプロジェクトを推進していくことが重要ではないでしょうか?

そんなDXを推進する企業が意識すべき「データファースト」について本資料で解説しています。
詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード