製造業の必需品となる3Dコンフィグレータとは?
注目される理由や導入によるメリットを解説

 2023.08.07  2024.01.17

競争の激しい製造業では、顧客の個々のニーズに応えるユニークでパーソナライズされた製品を提供することが不可欠です。
顧客のニーズを達成するには、製造業は革新的なテクノロジーを採用し、顧客に合わせた体験を提供する必要があります。
そのようなテクノロジーの 1 つが 3Dコンフィグレータであり、世界中の製造業者の間で人気が高まっています。
すべての製造業にとって3Dコンフィグレータが必須である理由について説明します。

製造業の必需品となる3Dコンフィグレータとは?注目される理由や導入によるメリットを解説

【VividWorks】3Dデータの活用が販売・マーケティングをより魅力的、より簡単なものへ変える

3Dコンフィグレータとは?

3Dコンフィグレータとは、顧客が直感的に製品をゼロから構築し、3D モデルを使用して色、サイズ、素材、その他の付属品などをリアルタイムでカスタマイズできるソフトウェアツールです。
顧客はカスタマイズされた製品をあらゆる角度から確認し、最終結果に満足するまで組合せを試すことが可能です。特にカスタムメイド製品を販売する場合には、非常に価値のあるツールとなります。

マルチクラウド環境におけるアイデンティティ・ガバナンスのベストプラクティス
【異世界マンガで解説】新仮想化世界 NVIDIA vGPU ~データの波から世界を救え~

3Dコンフィグレータが注目される理由

2023年現在の WooCommerce 市場シェアは、電子商取引テクノロジーを使用している上位 100 万サイトの23%であるように、パンデミックによってビジネスのさらなるデジタル化が推進されて以来、直感的で魅力的なオンラインショッピング体験に対する需要が高まっています。
また、最近の調査では、オンライン ショッピングを利用するユーザの 60% が、3D または拡張現実 (AR) で表示されている商品を購入する傾向が高いことが明らかになりました。
そのため、顧客自身がリアルタイムにカスタマイズができる3Dコンフィグレータが注目を集めています。

オンライン販売を行う製造業の課題

オンラインで消費者にカスタムメイド製品やハイエンド製品を直接販売する製造業が直面する可能性のある課題の紹介します。

  1. 生産の複雑さ
    カスタム製品には、より複雑で特殊な製造プロセスが必要となり、管理が困難になる場合があります。
    生産プロセスにはより多くの時間とリソースが必要となり、納期に影響を与える可能性があります。
  2. 正確な注文管理
    カスタムメイド製品は、顧客の要求を確実に満たすために正確な注文管理が必要です。
    製造業は、すべての仕様が正しく把握されていること、および生産プロセス全体を通じて顧客と明確なコミュニケーションが行われていることを確認する必要があります。
  3. コスト管理
    カスタムメイド製品は、標準製品よりも製造コストが高くなることが多く、製造業は収益性を確保するために慎重にコストを管理する必要があります。
    製品の複雑さや顧客の仕様によって価格が変動する可能性があるため、困難になる場合もあります。
  4. 顧客の期待
    カスタムメイド製品を注文する顧客は高い期待を持っており、製造業は顧客満足度を維持するために顧客の期待を満たすか、上回る必要があります。
    そのためには、高品質の製品を予定通りに納品し、すべての顧客の仕様を満たす必要があります。
  5. 販売とマーケティング
    カスタムメイド製品を販売する製造業は、顧客を惹きつけるために製品を効果的にマーケティングする必要があります。
    カスタマイズされた製品は多くの場合、標準製品よりも高いレベルのパーソナライズと細部への配慮が必要となります。

製造業向け3Dコンフィグレータを使用する7つのメリット

これらの課題に対処するために使用できる効果的なソリューションの 1 つとして、3Dコンフィグレータをご提案いたします。
3Dコンフィグレータは、顧客がリアルタイムで製品を視覚化してカスタマイズできる強力なツールで、より魅力的でパーソナライズされたショッピング体験を提供します。

製造業の必需品となる3Dコンフィグレータとは? 注目される理由や導入によるメリットを解説

出典:https://www.vividworks.com/blog/how-3d-product-configurators-are-revolutionizing-shopify-stores

  1. 生産の複雑さを軽減する
    3Dコンフィグレータを使用すると、製造業は設計プロセスを自動化し、手動調整の必要性を減らすことで生産プロセスを簡素化できます。
  2. 注文管理を合理化する
    3Dコンフィグレータは、正確な顧客仕様を自動的に生成し、既存の生産およびフルフィルメントシステムと統合することで、製造業が注文管理プロセスを合理化するのに役立ちます。
  3. コストを効果的に管理する
    オンライン3Dコンフィグレータは、見積生成プロセスを自動化し、エラーを最小限に抑えることで、製造業がリスクを軽減し、より効果的にコストを管理するのに役立ちます。
  4. 顧客の期待に応える
    3Dのビジュアルで構成されることで、顧客の仕様を正確に生産プロセスへ伝達し、エラーや誤解のリスクを軽減するのに役立ちます。
  5. 顧客満足度の向上
    3Dコンフィグレータを使用すると、より魅力的でパーソナライズされたショッピング体験を顧客に提供でき、リアルタイムで製品を視覚化してカスタマイズできるようになります。
    これにより、顧客満足度が向上し、返品や苦情の可能性が軽減されます。
  6. 売上とコンバージョンの増加
    3Dコンフィグレータを使用すると、製造業は競合他社と一線を画すユニークで魅力的なオンライン ショッピング体験を提供でき、売上とコンバージョンの増加につながる可能性があります。
    Shopify の調査によると、3D ビジュアライゼーションによって、コンバージョン率が平均 94% 増加したとのことです。
  7. 顧客の分析結果を収集する
    3Dコンフィグレータ内で顧客の行動を追跡することで、製造業は顧客の好みや購入行動に関する貴重な分析結果を収集でき、製品開発やマーケティング戦略に情報を提供するのに役立ちます。

まとめ

ご覧のとおり、オンラインで製品を販売する製造業は多くの課題に直面しています。しかし、適切なツールと戦略があれば、メーカーはこれらの課題を克服し、オンライン市場で成功することができます。
モジュール式製品やカスタム製品を販売する場合、3Dや拡張現実 (AR) による製品のビジュアライゼーションの強化や顧客エンゲージメントの向上から、
返品の削減や競争力の向上まで、大きなメリットが得られる3Dコンフィグレータを検討してみてはいかがでしょうか?

※引用元
 以下記事をベースに、加筆修正しています
https://www.vividworks.com/blog/3d-product-configurator-a-must-have-for-manufacturers
https://www.vividworks.com/blog/6-benefits-of-using-a-3d-customizer-for-ecommerce
https://www.vividworks.com/blog/3d-configurator-cutsom-made-products
https://www.vividworks.com/blog/3d-configurator-woocommerce-store

CTA

RECENT POST「WORK SHIFT」の最新記事


WORK SHIFT

CPQとは? 機能やメリットから導入における注意点まで解説

WORK SHIFT

MFAとは?導入されるようになった背景やメリット・デメリットを解説

WORK SHIFT

インダストリアルメタバースとは? 利点やビジネスへの活用例を紹介

WORK SHIFT

DApps(ダップス)とは? 仕組みやメリット・デメリットを解説

製造業の必需品となる3Dコンフィグレータとは?注目される理由や導入によるメリットを解説
CTA

RECENT POST 最新記事

CTA

RANKING人気記事ランキング


OFFICIAL SUPPORTER