遠隔支援とは?ARの重要性や利用シーンを紹介!

 2021.10.20  2022.08.04

ARやVR、5G技術に普及に伴い、多くの業種で注目を集めている「遠隔支援」。近年の少子高齢化社会、労働力人口の減少への対応策としても期待されていますが、遠隔支援とは一体どのようなものなのでしょうか。

この記事では、今後の普及が期待されている遠隔支援を解説。取り入れるメリットや活用シーンをご紹介していきます。

まだ遠隔支援についてよく知らない、システムを導入していない企業の方にもわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

New call-to-action

遠隔支援とは

遠隔支援とは、現場作業員と熟練の技術者がネットワーク上で映像や音声を共有し、離れた位置から現地作業を支援します。

人材不足に悩む製造業や建設現場を中心に、農業や医療など幅広い分野で活用されています。

遠隔支援を活用することで、高い技術を持った熟練担当者が現場に赴くことなく、遠隔地から現場作業員へのサポートが可能となり、少子高齢化による深刻な人材不足、職人の高齢化による属人化、現代に求められる品質の維持といった現場の課題を解決へと導いてくれます。

遠隔支援に不可欠なAR(Augmented Reality:拡張現実)

遠隔支援に必要不可欠なものとなっているのが「AR」です。

実在する風景に、デジタル合成で作られたバーチャルの視覚情報を重ねて表示させることで、実際にそこにないものをあたかも実在するかのように見せることができる技術です。

もともとARは1960年代からある技術でしたが、近年のデジタル技術の向上やスマートフォンの普及、ARを駆使して世界的ブームを巻き起こした「ポケモンGO」のヒットなどにより、一気に世間でも知られるようになりました。

遠隔支援にもこのARを用いることで、業務の正確性と作業効率を向上させ、生産性を高める効果が期待されます。

現場最前線で働くフロントラインワーカーのためのデジタル化支援ソリューション「ATHEER」
いま求められるワークプレイス環境

遠隔支援がもたらすメリット

人材不足や属人化の解消に貢献してくれる遠隔支援ですが、他にも現場の負荷を軽減するさまざまなメリットがあります。

ここでは遠隔支援によって得られる3つのメリットを順番にご紹介していきます。

現場作業の効率アップ

まず大きなメリットとして挙げられるのが、現場作業員の効率アップです。

これまでの製造現場といえば、熟練指導員に指示を仰ぐ際、電話もしくはメールが主流で、音声・文章・画像のいずれかのコミュニケーションに頼る以外方法はありませんでした。

通常業務では問題なくとも、緊急事態やアクシデント発生時は、指導員が直接現場へ出向くことを余儀なくされていました。

そのため、指導員が現場に到着するまで作業を中断しなくてはならず、事態が解消するまで多くの時間とコストを有してしまうのです。

こういった作業現場の課題も遠隔支援を導入することで、現場の作業員と指導員が、画面を介してリアルタイムの情報共有を図ることができ、業務をスムーズに行うことができます。

品質の安定

遠隔支援システムでは、現場の状況を正確に共有することができるため、現場作業員の誤った判断による作業ミス、二次被害を未然に防ぐことができます。

従来の音声や文章、もしくは画像を用いた方法では、現場に詳細な情報を伝えることは難しく、認識のズレから間違った判断で作業を行ってしまい、問題をさらに悪化させてしまう原因となっていました。

製造現場では人が作業する以上、100%ミスをなくすことは難しいですが、遠隔支援によって正確な情報をリアルタイムに共有することができるので、指導員から正しい指示を受けることができます。

これによりヒューマンエラーを最小限に抑え、生産効率の向上や品質の安定につなげることができます。

データ分析

作業映像を記録・保存することができる遠隔支援は、技術の継承や新人指導の教育ツールとしても効果的です。

熟練指導員の作業を映像に記録し、新人育成マニュアルや教育資料を作成すれば、新人作業員は動画を見ながら手順を学び、コツを身につけることができます。

また、画像やデータを分析することで、どんな工程で時間がかかっているのか、どんな作業でミスが発生しやすいのかといった、現場作業の課題を見つけ出すことも可能です。

遠隔支援を導入することで、技術継承の問題や人材不足の解消、エンジニアのさらなる技術力向上に一役買ってくれることでしょう。

製造現場におけるARの活用シーン

これまで記載してきた通り、製造現場の業務改善にさまざまなメリットをもたらしてくれるARですが、実際にどのような形で活用されているのでしょうか。

現場作業員への指示・サポート

製造現場では、業務によっては分厚いマニュアルや作業資料を参照することがあります。
ARを活用することで、遠隔地からリアルタイムに的確な作業指示を受けることができるため、作業員は手を止める必要がなく、生産性の向上やミスの防止が期待できます。

保守メンテナンス作業の最適化

製造現場では、様々な設備が常時稼働しており、品質を安定させるためには定期的に保守メンテナンス作業を行う必要があります。

製造現場のの作業指示書、マニュアルなどはまだ紙ベースで運用していることが多いです。

ARを活用した保守・点検では、定型的な点検作業手順をデジタル化し、適切なタイミングで必要な作業指示を作業員が持つデバイスに表示することで、現場の負荷軽減につながり、経験年数やスキルに関わらず的確な作業ができるようになります。

ARを使用した遠隔トレーニング

製造現場で作業を行うために、技術教育や安全教育は必要不可欠です。
トレーニング の質を向上させ研修期間の短縮のために、AR用いた研修へのニーズが高まっており、多くの事例が報告されています。

ARプラットフォーム「Atheer(アシアー)」が現場の最前線を支援

米Atheer社が提供する「Atheer Front Line OS™(Atheer)」は、現場のコミュニケーションを促進する機能はもちろん、高いセキュリティと拡張性も兼ね備えたSaaS型のARプラットフォームです。

人手不足対策や品質の向上、トラブルの迅速な対応といった製造業の課題解消に貢献し、現場の最前線で働くフロントワーカーたちをサポートします。

Atheerの特長・機能は以下の通りです。

ARビデオ支援 AiRSessions

2D/3Dアノテーション、グループ通話、録画機能など、作業を的確にサポートするリモート支援機能を搭載。

作業関連文書作成 AiRForms

手順書、点検表、作業ガイドなどのデジタル化をノーコードで簡単に実現。

柔軟なコンテンツ管理・共有

文書や技術情報、音声・ビデオなど、さまざまなコンテンツの管理機能を提供。

マルチデバイス対応

複数種類のスマートグラスをサポートし、iPhone、iPad、Android端末など、多様なデバイスに対応。

優れたUI(ユーザーインターフェース)

直観的かつユーザーフレンドリーなUIで、柔軟なアクセス、シームレスな機能連携も可能。

優れたユーザー管理

利用ユーザーの権限、プロフィール属性、グループ設定などの詳細設定と柔軟な管理を提供。

まとめ

働き方改革が求められている昨今ですが、人手不足や技術継承の問題は製造業の大きな課題になっており、頭を悩ませている現場担当者も多いのではないでしょうか。

これまで紹介してきたメリットや活用シーンを参考に、遠隔支援に興味を持ったという方は「Atheer」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

CTA

RECENT POST「WORK SHIFT」の最新記事


WORK SHIFT

【C&R社寄稿】教育用VRコンテンツとは? メリットや導入時のポイントを解説

WORK SHIFT

企業における適切なパスワード管理とは?現状や重要性、必要な機能を解説

WORK SHIFT

スマートオフィスとは? メリット・デメリットと実現方法を徹底解説

WORK SHIFT

次世代に必要とされるフィールドサービスとは?現在の課題やデジタル化のポイントを解説!

遠隔支援とは?ARの重要性や利用シーンを紹介!
CTA

RECENT POST 最新記事

CTA

RANKING人気記事ランキング


OFFICIAL SUPPORTER