ブログ

解決すべき課題を設定し、解決策発見を支援する総合IT情報をお届けします。

【前半】若手社員が語り合う『新規事業』~伴走支援業務から見える「DXの世界」とは~ デジタルビジネス全般

【前半】若手社員が語り合う『新規事業』~伴走支援業務から見える「DXの世界」とは~

昨今、多くのビジネスリーダーや経営層がDXや新規事業について、その知見を広げています。それでは、実際に現場の最前線で働く若手はどのように考えているのでしょうか。本記事では、若手ならではの目線から見たDXと新規事業の実態を語っていただきます。

DXの再検討やリスタートが求められる背景と対策〜CTCが提案するDXの処方箋〜【前半】 デジタルビジネス全般

DXの再検討やリスタートが求められる背景と対策〜CTCが提案するDXの処方箋〜【前半】

令和4年7月に経済産業省が公開したDXレポート 2.2では、「デジタル産業への変革に向けた具体的な方向性やアクション」として、デジタルを収益向上に活用し、経営者が行動指針を示すことや、経営者の価値観を外部へ発信し同志を集めて新たな関係を構築...

CTCのコンテナ基盤サービス「C-Native」がRed Hat OpenShiftでコンテナを提供する理由とは ~Red Hat OpenShiftで実現するクラウドネイティブの優位性と将来性~【前編】 デジタルプラットフォーム

CTCのコンテナ基盤サービス「C-Native」がRed Hat OpenShiftでコンテナを提供する理由とは ~Red Hat OpenShiftで実現するクラウドネイティブの優位性と将来性~【前編】

クラウド環境を積極的に利用するクラウドネイティブなアプリ開発において「コンテナ」による実行基盤の構築は、必須のテーマとなっています。その「コンテナ」導入における国内市場の動向や先進的な取り組みについて、CTCとRed Hatのスペシャリスト...

CTCのコンテナ基盤サービス「C-Native」がRed Hat OpenShiftでコンテナを提供する理由とは ~Red Hat OpenShiftで実現するクラウドネイティブの優位性と将来性~【後編】 デジタルプラットフォーム

CTCのコンテナ基盤サービス「C-Native」がRed Hat OpenShiftでコンテナを提供する理由とは ~Red Hat OpenShiftで実現するクラウドネイティブの優位性と将来性~【後編】

後半では、グローバルな製造業での導入事例を中心に、これからコンテナ基盤によるクラウドネイティブを推進する企業が、検討すべき「教育コスト」の課題や、具体的なテクノロジー選定のポイントについて、CTCとRed Hatのスペシャリストが対談します...

内部統制とは? 目的やメリットなども含め基本的な情報や関連情報を解説 デジタルビジネス全般

内部統制とは? 目的やメリットなども含め基本的な情報や関連情報を解説

内部統制とは一言で定義すると、「組織を健全かつ効率的に保つ取り組み」です。内部統制を高めるには、あらゆるリスクに備えコンプライアンスを遵守し、ITシステムを整備するなど、さまざまなアプローチが必要です。本記事では、内部統制の基礎知識を簡単に...

業務改善とは? そのメリットやステップのほかフレームワークも紹介 デジタルワークプレイス

業務改善とは? そのメリットやステップのほかフレームワークも紹介

業務改善とは、業務の問題点を抽出し改善を進めることを指します。取り組みによってコスト削減や従業員の負担軽減などを実現できるメリットがあります。本記事では、業務改善の概要や得られるメリット、進める際のステップ、役立つフレームワークを紹介します...

リスクマネジメントとは簡単にどのようなこと? 重要性や手順なども解説 データマネジメント

リスクマネジメントとは簡単にどのようなこと? 重要性や手順なども解説

リスクマネジメントとは、企業に損失をもたらす潜在的な脅威を洗い出し、対策していく取り組みです。リスクマネジメントを適切に実施することで、リスクを最小限にとどめ、事業を円滑に持続できます。本記事ではリスクマネジメントの基本知識を分かりやすく解...

CTA

RECENT POST 最新記事

CTA

RANKING人気記事ランキング


OFFICIAL SUPPORTER